164 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2010/08/15(日) 05:00:27 ID:XR8JE9pu0
保守あげがてら、自分の体験談を書いてみる。
いい話かどうかは別として。

4年前、叔父が亡くなった。
板金工だったんだが、彼はとにかく海が好きな人で
「職業上、雨が降ったら仕事にならない。晴れた日は海に行きたいからやっぱり仕事にならない」という
ハメハメハ大王の再来のような人だった。

死因は脳溢血。孫娘の初節句に、貝のお吸い物を作るとかで潮干狩りに行ったものの、
貝を捕っている途中でプツンといってしまったらしい。
潮干狩りも彼の好きな遊びだったけれど、まさか死ぬまで潮干狩りをするなんて誰も思っていなかった。
あまりにも突然のことだったので、葬儀に参列し、納骨まで立ち会ったけれど、どうもピンとこない。
多分、家族の方も同じだったと思う。

叔父の死から2年くらい経ったある日、夢の中に叔父が出てきた。
夢の中の叔父は、海の浅瀬にくるぶしまで浸かって立っていた。
私に気がつくと、叔父は「よぉ、○○(私の名前)」と生前と変わらないゆる~い口調で私を呼ぶ。
あんまりにも生前と変わらなかったからか、夢の中の私は彼が死んでいることなんか忘れて近づいていく。
でも、近づくにつれ違和感を感じた。叔父の背が妙に低い。146センチの私よりも明らかに低い。
妙に思った私は「叔父さん、なにやってんの?」と聞いた。すると叔父はひとこと、恥ずかしそうに答えた。
「妖精やってるんだわ」
ああ妖精ね。妖精だったら身長が低くても仕方ないわ。夢の中の私は何故か納得してしまった。
そこで目が覚めた。
まさか死んだ後も海で遊んでいるなんて思いもよらなかった。しかし目が覚めた私も納得した。
叔父は海の妖精になったのだ。

その話しを叔父の息子(私のいとこ)に話したら彼も納得した。
多分、叔父は今でも妖精の姿で海にいるのだと思う。
でもお盆くらいは家族の元に帰っておいでよ。






  1. 【画像】こういう服装の女の子が好きな奴wwwwwwwwwwwww
  2. 彼氏「オロナイン塗るから尻出して!」私 「え!絶対嫌!無理恥ずかしい!」
  3. 多頭飼い(全員兄弟)なんだけど、猫が日に日に賢くなっていってて困る…
  4. 【悲報】浮気した彼女を許してそのまま付き合い続けた結果・・・
  5. 【画像】とてつもなく可愛いっぽい専門学生が発見されるwwwwwwwwww
  6. 【悲報】関西のJK、スカートが長すぎる
  7. 猫鑑定人来てくれ 絶妙に置物なのか猫なのかわからない画像がある
  8. 全然使ってないクレカを解約するのに 電話するのめんどくさいなーとほっといたんだけど