704 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:01/10/27 02:15 ID:zFI/d1BX
10年前に他界した、曽じいちゃんとの思い出。

物心ついた時から寝たきりで、しかも数年に一度しか会わない曽祖父は、
子供にしたら、ベッドの付属品くらいの意識しかなかった。
泊りに行くと、いつも曾じいちゃんの部屋で私と弟は遊んでいた。
曾じいちゃんは目が覚めると何時も、遊んでいる私達を枕元に呼んで、
佐久間の缶ドロップから「はっか」をくれた。
色んな味があるのに、いつもハッカを選んで・・・・。
私はあまりハッカが好きではなかったが、外面のいいこだったので
お礼を言って食べていた。

大人になって気付いた。
曾じいちゃんはきっと、一番はっかが大好きだったんだ。
自分が一番美味しいと思うものを、曾孫の私達にくれていたんだ。
とっても愛しいと思っていてくれたんだ・・・・と。
気付くのが遅かったけど、大切な記憶です。

真面目にマリファナの話をしよう (文春e-book)
佐久間 裕美子
文藝春秋
2019-08-08






  1. ワイ「この猫38万円か。購入したろ!すいませ~ん」
  2. 家出希望のなんJ民を家に泊めた結果wwwww
  3. 【コロナ対策】昔ながらのしつけ 日本人なら当たり前にやってること
  4. 高校生の息子と向い合わせでスイッチの麻雀やってるだけでニヤニヤする
  5. 【画像】とてつもなく可愛いっぽい専門学生が発見されるwwwwwwwwww
  6. 【悲報】関西のJK、スカートが長すぎる
  7. 猫鑑定人来てくれ 絶妙に置物なのか猫なのかわからない画像がある
  8. 全然使ってないクレカを解約するのに 電話するのめんどくさいなーとほっといたんだけど