491 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:01/10/04(木) 16:51 ID:NGbfEAcE
戦時中、田舎の親戚宅に疎開していた、父の話です。
大家族だったその家に、ある日誰かが、大箱にしゅうまいをいっぱい
買ってきました。食べ物の少ない時代、まだ幼かった父には、しゅうまいが
ものすごいご馳走に思えました。

「ひとつぐらい食べたって、ええやろ」・・・ぱく。
これが夕食時、大騒ぎになるとは知らず・・・・

「誰や! しゅうまいをつまみ食いした泥棒は!
 ○○(父の名)やろ! お前しかおらん!」
怒鳴り、怒りまくる親戚の前に、立ちはだかった父の母親(私から見ると祖母)。
「ええ加減なこと言いいなや! ○○は、そんなことをする子やないっ!!!!」

真犯人の父は、母親の剣幕に何も言えなかったそうです。
父は笑いながらこの話を聞かせてくれましたが、心では泣いてたんじゃないかな。






  1. ワイ「この猫38万円か。購入したろ!すいませ~ん」
  2. 家出希望のなんJ民を家に泊めた結果wwwww
  3. 【コロナ対策】昔ながらのしつけ 日本人なら当たり前にやってること
  4. 高校生の息子と向い合わせでスイッチの麻雀やってるだけでニヤニヤする
  5. 【画像】とてつもなく可愛いっぽい専門学生が発見されるwwwwwwwwww
  6. 【悲報】関西のJK、スカートが長すぎる
  7. 猫鑑定人来てくれ 絶妙に置物なのか猫なのかわからない画像がある
  8. 全然使ってないクレカを解約するのに 電話するのめんどくさいなーとほっといたんだけど