706 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:03/09/04 03:48 ID:ALOrXhYp
僕が幼稚園の時、祖父が癌で入院した。

近所に住んでいる事もあり、幼稚園が終わるとお見舞い
に行くのが僕と母の日課だった。
帰り際、いつも決まって握手をし「僕のエネルギーあげる。」
と言い別れる。その時、祖父は決まってにっこりと微笑み僕の
手を握り返す。


ある日、父が会社帰りに病院へ。丁度僕達とは入れ違いに
なり、少し急いで病室へと急いだ。
祖父の病室から、何だかすすり泣きが聞こえる…
そこには普段気丈に振舞っていた祖父が泣いていたという。
父がどうしたと聞くと、何も知らない僕が自分の身を案じ
毎日毎日助かる望みの薄い自分に対し、何も知らずに励ます
行為がとても辛いのだという。


それからしばらくして、祖父は逝った。
最後は壮絶だったと、幼心に記憶している。


じいちゃん…あれから20年だね。今じゃ僕は酒も飲むし、
タバコも吸う。免許も取ったし、去年就職もしたよ。
じいちゃんの作ってくれたイスね、まだ使ってるんだよ。



祖母と食事をして、何だか思い出しちゃった。


長文ごめん