717 名前:1/2[sage] 投稿日:2006/11/12(日) 04:46:50 ID:OfnBVt2u
いつも通りの時間に仕事が終わり、駐車場まで歩いていると、
どこからか子猫の鳴き声が聞こえる。
すぐそばの垣根の奥で怯えている、真っ白な子猫がいた。

拾って家に連れて帰りたい。
でも、うちには猫エイズキャリアの先住猫がいる。
一緒に飼ったらきっと感染する。
…自分の家では飼えないが、小さな子猫をこのままにして帰れない。

実家にも猫がいるが、病気は持っていないので親に頼み込めば…。
子猫を可愛がって飼ってくれそうな知人はいたか…?
かかりつけの動物病院にお願いして、里親募集の張り紙をしてもらうか…。
垣根の前でしゃがみこみ、必死でどうすべきか考えていると、
自転車で通りかかった30代前半くらいの男性二人が何事かと近寄ってきた。

私が「この奥に子猫がいるんです」と言うと、
メガネの男性が躊躇なく垣根に手を突っ込み、子猫を拾いあげた。
「風邪ひいてんのかな」とか言いながら、真顔で撫でている。


718 名前:2/2[sage] 投稿日:2006/11/12(日) 04:47:28 ID:OfnBVt2u
「家の猫はエイズなので、この子は飼えないんです…」と私が言うと、
子猫を抱き上げてほんの数分のメガネの男性が、

「家に連れて行きます」。

もうひとりの男性が、「お前んち猫いたよな」と聞くと、
メガネの男性は「こいつメスだし、多分すぐ仲良くなれると思う」。
私は思わず「ありがとうございます!」と頭を下げていた。

子猫の第一発見者であるのに何も出来ず、責任を感じた私は
「病院代かエサ代に」とメガネの男性に5000円札を差し出した。
メガネの男性は「いや、猫いるからエサはあるんで」と受け取ろうとしない。
そんなやりとりをしていると、
もうひとりの男性がファスナー付のバッグをどこからか持ってきた。
子猫はその中におさまり、メガネの男性の自転車の前カゴに。
私が車で家まで、何なら動物病院まで送りますと言っても、
「これで帰れるし、とりあえず家でメシ食わせます」と断り、
二人は自転車で去っていったのでした。






  1. クラスの可愛い子のスク水の臭い嗅いだ結果。。。
  2. 庭に水撒きをしてたらTシャツ&ショーパンの若い娘が通りかかったので・・・
  3. 看護士の女性陣と合コンやった結果を報告するッ!!
  4. 肛門に24センチのボトルを突き刺した男性 医師「なんで入れたの?」 男性「察してください」
  5. 東北(新潟、青森、岩手、秋田、宮城、山形、福島)に行って驚いたこと
  6. よく行く映画館のフードコートにいるいかにも ホームレスみたいな人にはお金あげてる