642 名前:彼氏いない歴774年[sage] 投稿日:2009/07/03(金) 20:09:15 ID:8v5AnYLt
長文・駄文になりますが、祖母に纏わるお話。




野菜を育てて、お浸しやお新香などを作って送ってくれていた祖母。
ある年の12月20日。漬物を作る道具の圧力をかける棒が弾みで目に直撃し、白内障で入院した。
母は私を置いて帰ることができず、とはいえ小4だった私は学校を休むこともいかないので、世話は親戚に頼む事に。
幸い症状は軽く、簡単な手術で済むとのことだったので、「病院いってらっしゃい」の電話を母はしたそうな。

そして23日。この日は9時から検査(手術だったかも)で、その待ち時間にトイレに行った祖母。
でも看護士が名前を読んでも祖母の姿は待ち場にいなくて、しばらくしてトイレで倒れて亡くなっている祖母が発見された。原因は心筋梗塞。

21時寝4時起・良く食べ水分は毎日十分に摂る、など超健康的生活を送っていた祖母。
母曰く「喉が渇いても看護婦さん達が忙しそうだから喉が渇いたって言えずに、急に身体が水分不足状態になっちゃったのかな」と。優しい祖母だった。


続きます。


643 名前:彼氏いない歴774年[sage] 投稿日:2009/07/03(金) 20:24:58 ID:8v5AnYLt
>>642の続きです。


お葬式は25日で、もちろん家族行くつもりだった。
が、私はインフルエンザ・父は肺炎になり参列(喪主なので当たり前だが)は母のみ。
悔しくて悔しくて、お葬式から帰ってきた母親に「どうして私風邪引いちゃったんだろ」と泣き付くと、「亡くなった姿を○○に見せたくなったのよ」と聞いて、優しかった祖母はきっと本当にこう思っていてくれるんだろうと今でも感じます。

年は明けて1月1日。急な話だったから年賀状は毎年のようにきたのだが、その中には亡くなって祖母からの年賀状も。
毎年早めに投函して必ず1日に届くようにしていた祖母でした。
「○○ちゃんの子供見るまで長生きするね。暖くなったら遊びにきてください」のメッセージに嬉しいやら悲しいやらで、その年賀状は今でも大切にファイルの中。


644 名前:彼氏いない歴774年[sage] 投稿日:2009/07/03(金) 20:27:56 ID:8v5AnYLt
>>643の続きです。



約束通りに春休みにお墓参りのために帰った時のこと。
居間のコタツで寝てしまっていたら、夢に祖母が登場。
実際140cmしかないのに180cmくらいになっていたように感じたけれどw、目が覚めた時に祖母が生きていた時の記憶なのか夢なのかが分からないくらいリアルな夢で、祖母が会いにきてくれたんだなあと思うと今でもウルッときます。


おばあちゃんがくれた交通安全のお守り、鍵につけてるよ。


では、長くなってしまい、申し訳ありませんでした。