427 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:01/09/20(木) 21:01 ID:2c8xfDaU
うちの両親は離婚してる。親父とは正月に30分くらい遭うだけ。
人格に問題のある人だから、今でもあまり話したくない。
でも、このスレを読んで泣いた後寝たら、夢に見て思い出してしまった。

小5くらいのとき初めて東京の親戚のところに行った。
親父が駅まで送ってくれたのだけど、早く着きすぎて
買っておいたおやつをふたりでホームで食べたこと。
たしかボンタンあめと、まだ凍っていた不二家ネクターだった。

小学校にあがる前、Gメン75を見ながら
えんぴつとかおはじきとか定規に小さく名前を入れてくれたこと。
母親は字がヘタだから、漏れが「お父ちゃん書いてえ」とせがんだからだ。
漏れは「お父ちゃん」て呼んでたんだ。そんなこと忘れていた。

泣きながら目が覚めたのなんて何年ぶりだろう。
親父の性格も親子の関係も変わらないことは分かっている。
でも、今日の景色はいつもより違ってなぜか生々しく見えたよ。
ここに書いてくれたみんなに感謝。