400 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2008/10/01(水) 01:52:07 ID:XFATg8kg
うちは母がテンションが妙。幼稚というか、常に絡んでくる。
そんな母に適当に応戦する私と、無視を決め込む父という構図が日常だった。

休みの日にソファでうとうとしていた私は、母の声で目を覚ました。
「出たな、妖怪つまみ食いん!とんたん(父)は味見が大きいから許さん!」
ああ、またお玉片手に臨戦態勢なんだろう…無視されるのに。
呆れつつ聞き耳を立てていたら、信じられない言葉が聞こえた。

「うぇふぇふぇふぇ、今日も存分に食らい尽くしてやるわ!」

な、なんだとー?お父様ー?

「お父さん、本当にだめだってば」
「構わん、よこせぃ!」
「あーあー、もう…」
「…うんまっ!うんままま!んふんふんふ♪んまぁーいん♪キャー☆」
「もういいから、あっち行ってよ」
「何をぅ!?よし、もう一匙よこせぃ!全部食っちゃうもんねー!」
「このー!今日こそ退治してくれるぞ、つまみ食いんめ!!」

…ええー?なんか随分普段と違くね?('A`)
父が居間に戻ってきた時、思わず寝たふりをしてしまた。
翌日から、クールを決め込む父の背中にニヤニヤが止まらなくなった。





  1. ワイ「この猫38万円か。購入したろ!すいませ~ん」
  2. 家出希望のなんJ民を家に泊めた結果wwwww
  3. 【コロナ対策】昔ながらのしつけ 日本人なら当たり前にやってること
  4. 高校生の息子と向い合わせでスイッチの麻雀やってるだけでニヤニヤする
  5. 【画像】とてつもなく可愛いっぽい専門学生が発見されるwwwwwwwwww
  6. 【悲報】関西のJK、スカートが長すぎる
  7. 猫鑑定人来てくれ 絶妙に置物なのか猫なのかわからない画像がある
  8. 全然使ってないクレカを解約するのに 電話するのめんどくさいなーとほっといたんだけど