542 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2019/11/05(火) 19:28:20.49 ID:taTryqr30
今となっては思い出に浸っても仕方ないが
80年代の金はないけど食欲はある高校生時代
池袋の大戸屋は月に4、5回行ってたかな

先にレジで注文と会計を済ますと楕円形で色のついたプラスチック札をもらい
それを持って自分の好きなテーブルにつく
テーブルといってもカウンターなど一人客向けの席がメイン
客はといえば土方、貧乏リーマン、近所の店員、あとは俺みたいな高校生がちらほら
メニューは小洒落たものなど一切なく、チキンカツの卵とじや唐揚げ、野菜炒めなどの定食
レジも厨房も三角巾をつけて割烹着を着たようなおばちゃんばっかで本当に安心感があった
値段は600円程度が中心で900円だの1,000円だのなど一つもない

こんな原点にもう一度立ち返ってみては如何なものか