9 名前:名無しさんの初恋[] 投稿日:2006/09/24(日) 02:44:09 ID:68O4S0nE
中2の頃、私はクラスでは真面目な方で、片思いの彼は目立つグループにいました。

ある日、『シャーペンがないっ』って焦ってる彼に、私が持っていた予備のシャープペンを渡したのをきっかけに、彼は何かと私に構って来るようになりました。

鮮明に覚えてるのが、校外陸上大会の日。

私は運動音痴で出場する種目もなく、友人たちは皆部活生で何らかの種目に出ていた為、スタンドで一人で競技を見ていました。

すると、高跳びの種目を終えた彼が、私の隣りに来たんです。

『あ~疲れた!〇〇見てた?俺、頑張ったよー』

『え、ごめん見てなかった』

『まじかよ、ショック!…まぁいいや。ちょっと休ませて』

そう言って彼は、階段になってるベンチを一段降りて、私の足を背も垂れにしてきました。
内心ドキドキしながらも、
『ちょっと、意味わからん(笑)』と突っ込むと、彼は
『いいじゃんこんくらい~…てか何か喉乾いた~』
と、私が持っていたミルクティーに視線を移したのです。

渡そうかどうか迷ったけど、こんな炎天下の中ミルクティーはないだろ、とか、それより間接キスになるし迷惑じゃないか、とかグルグル考えてしまい、結局渡せませんでした。


12 名前:名無しさんの初恋[] 投稿日:2006/09/24(日) 02:53:22 ID:68O4S0nE
しばらくして、競技を終えた彼と同じグループに位置する女の子が戻ってきて、
『あんたら何してんのよ~』って茶化してきたにも関わらず、彼は満面の笑みで
『〇〇は俺専用だからいいの!』と言い切りました。
一点の曇りもない笑顔で。

でもその後、彼とは別のクラスになり、そのまま卒業して別々の高校に進学しました。

風の噂で彼には同じ高校に彼女が出来た事を知ったけれど、その時はそんなにダメージはなかった気がします。

でも、高校二年になった時。あたしと同じ学校に通う彼の友人と、たまたまバスで一緒になりました。
彼氏彼女ほしーけどなかなかね、みたいな話をしたのですが、その時思いもよらない事実を知ったんです。

『〇〇はさ、中2んときお前の事好きだったんだぜ』

彼女いるって知った時より、この時のショックときたら。

いろんな後悔が次々と押し寄せて来て、もう、言葉にもなりませんでした。


時は流れ、私ももう21になり、地元を出て毎日普通に働いています。

成人式の日に帰省して、たまたまその場のノリで彼と撮った写真だけが、私の手元には残っています。

毎日普通に幸せだけど、やっぱり何度も思い出しちゃうんですよね。

本当に純粋に好きだったなぁって。

長文ゴメンなさい。でも、読んでくれてありがとう。






  1. ワイ「この猫38万円か。購入したろ!すいませ~ん」
  2. 家出希望のなんJ民を家に泊めた結果wwwww
  3. 【コロナ対策】昔ながらのしつけ 日本人なら当たり前にやってること
  4. 高校生の息子と向い合わせでスイッチの麻雀やってるだけでニヤニヤする
  5. 【画像】とてつもなく可愛いっぽい専門学生が発見されるwwwwwwwwww
  6. 【悲報】関西のJK、スカートが長すぎる
  7. 猫鑑定人来てくれ 絶妙に置物なのか猫なのかわからない画像がある
  8. 全然使ってないクレカを解約するのに 電話するのめんどくさいなーとほっといたんだけど