11 名前: おさかなくわえた名無しさん 2006/02/01(水) 12:41:06 ID:CveuJwVI
先日、帰りのバスで姉と一緒になった。
バスは割と混んでおり、おまけにいかにもDQN風なにーちゃんが
足を広げ座席の半分近くを占領、しかもデカイ声で携帯で話している。
運転手もびびって注意しない。
そんな時、小柄なばあちゃんがよろよろしながら乗ってきた。
誰も席を譲らない。姉が立ち上がって言った。
「良かったらどうぞ」
ばぁちゃんは何度も頭を下げながら座席に腰を下ろす。
それだけなら割と良い話。
だが姉はまたやらかした。


13 名前: 11の続き 2006/02/01(水) 12:51:05 ID:CveuJwVI
姉は
「いえいえ、良いんですよ」とばあちゃんに言いながら
DQNの太ももの上に思いっきり腰を下ろした。
不意を突かれたのか、DQNは「おはぁっ」と声を上げて
驚きまくり、携帯をすっ飛ばした。
一瞬凍り付くバス内。
しかし表情を変えずにDQNの太ももの上に座ると言う姉の
シュールな行動に、バス乗客が一斉に大爆笑。
DQNは姉を突き飛ばすように立ち上がり、携帯を拾うと
顔を真っ赤にして次のバス停で逃げるように降りていった。


武勇伝じゃないですね。
申し訳ない。
これじゃ単なる変な姉の観察記録だ。