444 名前:名無しさん@自治スレ参加募集中 投稿日:04/08/26 05:57 79lrdGTu
ゴキブリがなによりも嫌いな私、
今年もホウ酸ダンゴなどを置いて、予防対策はバッチリのはずだった。
しかし!それなのに廊下にヤツを発見!
慌てて殺虫剤を持ってきてヤツに噴射。
しかし瞬殺はできず、走り回るヤツ。それを避けつつも見失わないようにヤツを追う。
何か面白いことをしてるのかな?と顔を出す幼い息子を一喝。彼だけは守らねば。
執拗に追い詰め、すでに裏返ったヤツにもジャンジャン殺虫剤攻撃。
ようやく、静寂をとり戻すことができた…。

リビングに戻ると、一気に身体の力が抜けた。
というか、全身にものすごい力が入っていたことに驚いた。
思わず旦那にすがりつき「恐かった…」と言ったら涙が出てきた。
ゴキブリ嫌いだとは思ってたけど、泣くほどだとは自分でも思ってなかった。

ちなみに、なんとか殺虫剤で殺すところまでは自分でできたが、
ヤツの死体をティッシュか何かでつまんで捨てることはとてもできない。
なので今でもあの場所にはヤツが横たわっている…。
旦那に助けを求めたが「自分でやれよ」のひとこと。泣きそー。


445 名前:名無しさん@自治スレ参加募集中 投稿日:04/08/26 07:45 vfyYjbnw

まあ、旦那さんにしてみれば、
妻が廊下でゴキ発見→「何故?! 確実に殺ったと思ったのにィィ!」などと叫びつつ(想像)
凄い形相で殺虫剤を取りに来て廊下へ取って返し、殺戮開始
→幼い息子に「来るんじゃありませんッ!」などと叫びつつ(半ば想像)
奇声をあげながら(想像)、走り回るゴキからヒラリヒラリと身をかわし
殺虫剤を噴きまくる→動かなくなったゴキにも執拗に攻撃、
やがて廊下から勝利の雄たけびが(想像)、という大活劇を見た後な訳で。
今更、「恐かった…」などと涙目でかわいらしくすがりつかれ、
「恐くて死体にさわれないの、あなたお願い・・・」といわれたところで、
「おまえ元気いっぱいに殺してたじゃねーか、今更何を」と
思ってしまうのも無理はない。

https://that3.5ch.net/test/read.cgi/gline/1092865156/