1 名前:ニライカナイφ ★[] 投稿日:2019/06/16(日) 20:43:06.50 ID:CpNH7YXd9
◆ 73歳にして絵本作家デビュー!その正体は伝説的怪奇漫画家・日野日出志だった

可愛らしくも怪奇なタッチで描かれた妖怪たちが登場する絵本『ようかい でるでるばあ!!』(彩図社)が6月27日に発売される。
イラストを担当したのは、これが絵本デビュー作となる73歳の“大型新人”、その名も日野日出志。

『蔵六の奇病』(1970)、『地獄変』(1982)、『赤い蛇』(1983)などで昭和世代の子供たちを心底震え上がらせた怪奇漫画界の巨匠だ。しかもこの絵本が約15年ぶりの新作となる。
日本のみならず、海外にも熱狂的ファンを持ち、監督としてもカルトホラー『ギニーピッグ2 血肉の華』(1985)、『マンホールの中の人魚』(1988)を世に放った人物が、今なぜ幼児向け絵本なのか?話を聞いた。




たこやきを誰かから貰う ということだけが予知出来るんだけどオカルトかね?
独身の年寄りは寂しいという風潮カープ金本監督の就任会見「鍛えたい選手は○○」←誰を鍛えそう??
この世界の「超古代文明」は何が原因で滅び去ってしまったのか?
totoくじで高額当選!やっと旦那と離婚できる←スレ民『おめでとう!絶対に誰にも喋っちゃダメだよ!』
女子高生「友達に言えない秘密があります…」→その内容がJK特有の壮絶な物だったwwww
【美人】どこでだってキレイでいたい。ロシアで獄中美人コンテスト開催さる
「ワンピース」のCP9って出てきたときの強キャラ感やばかったよな
【画像】この問題に答えられないとIQ56らしい

手書きフォントのタイトル、カラフルな色使い、丸みをおびた描線。
和の温もりを感じさせる木箱から飛び出す、ちょっぴり怖くでも可愛くデフォルメされた妖怪たち。

怪奇漫画家・日野日出志のテイストを残しつつも、愛らしさが全体を包む。
漫画家生活52年目の新境地かと思いきや「昔から民話や童話が大好きで、絵本を描きたいという願望はずっとあった。俺が一番やりたかったことはこれなんだっ!と、本来の自分のタッチを出すことができた」と原点回帰を強調。

過去に描いた可愛らしいイラストポスターを仕事机に飾っているところからも、その優しい人柄が伝わってくる。
怪奇漫画家としての活動をスタートさせたのは、少年漫画雑誌・少年画報に1970年に掲載された『蔵六の奇病』から。

体を蝕む七色の奇病に侵された蔵六の悲しくも美しい運命を民話風に描いた内容で、漫画家としてのスタイルに悩んでいた当時23歳の日野は、絵を描くことだけが好きな孤独な男・蔵六に自らの姿を重ね合わせていた。
「奇病に侵され、村人たちに迫害されても絵を描こうとする蔵六の姿は創作する人間の究極の姿。ビジュアルをグロテスクにしたのも、蔵六のピュアな魂が際立つという狙いがあったから。怪奇以上に作品の根底に流れる抒情性が評価されると思った」。

着色も行い、制作に1年をかけた力作。
しかし雑誌に掲載された際に付けられたサブタイトルは“日野日出志ショッキングワールド”だった。

これに一番驚いたのは日野自身で「ショッキングなものを描こうとは思っていなかったので、まさにショックです。抒情ではなく怪奇にスポットが当たってしまい、以降私が描くものに対して読者はショッキングさを期待する。そこからズルズルと怪奇の世界に引きずり込まれてしまったわけです」。
偶然か必然か、漫画家としてのスタイルは定まった。

怪奇漫画家として書き下ろしコミックを発表したり、3冊のホラー系雑誌に同時連載を持つ多忙さも味わった。
だが「本質的に私は杉浦茂先生のほのぼのギャグ漫画や民話、童話が大好きな性格。怪奇漫画家・日野日出志を演じて激しいストーリーを描くことがしんどくなってきて、50代を機に一度ペンを置くことにしました」。

以降は大阪芸術大学で教鞭をとる日々。創作意欲は後進の輩出というエネルギーにとって代わっていった。
転機が訪れたのは、2018年8月。経営難で知られる銚子電気鉄道が発売したスナック菓子「まずい棒」のキャラクター・まずえもん(魔図衛門)を書き下ろしたところ、日野の漫画でトラウマを味わった昭和世代からは驚きの声が上がり、日野を知らない若い世代からは「ブサ可愛い!」とSNSを中心に話題になった。

それも後押しする形で、イラストを担当した念願の絵本『ようかい でるでるばあ!!』(文:寺井広樹)出版の流れとなった。
「本来やりたかったことですから、15年のブランクは全くありませんでした」。

メリハリをつけるためにページごとに色合いを変えたり、ページを覆う煙にだまし絵のような仕掛けを施したり、子供の目線に立って視覚的に楽しめるように工夫。
ストーリーも寺井広樹氏と共に練り上げた。

日本古来の有名な妖怪や日野オリジナルの妖怪も登場するが、ちょっぴり怖いが愛らしいというサジ加減が絶妙だ。
「怪奇漫画家時代に苦心したのは、可愛く描かないということ。無意識で絵を描くとどうしても可愛いキャラクターになってしまうので、当時はその修正が一番大変でした。今回はその枷もありませんから、絵を描くってこんなに楽しいの!?と初めて思ったくらい。幼少期に杉浦茂先生の漫画を読んで感じた、ひなたぼっこをしているような気持ちになりました」。

※続きは下記のソースでご覧ください

デイリースポーツ 2019/6/16(日) 16:40 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190616-00000123-dal-ent
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190616-00000123-dal-000-3-view.jpg


2 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2019/06/16(日) 20:43:37.29 ID:gs4+06/d0 [1/5]
死んだのかと思った


6 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2019/06/16(日) 20:45:50.41 ID:gs4+06/d0 [2/5]
でもやっぱりどーしても放たれる奇怪感


8 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2019/06/16(日) 20:47:42.84 ID:xs8TrUnN0
御本人はダンディーな感じのおじいさんなんだな
もっと気色悪い人かと想像してたわ

9 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2019/06/16(日) 20:49:27.69 ID:cYKodCJ20
>>8
漫画の中に出てくる本人はキモイ感じなんだけど実際はちょいワルなじーさんなんだよね

11 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2019/06/16(日) 20:52:23.54 ID:gs4+06/d0 [3/5]
>>8
松本零士の廉価版みたい

13 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2019/06/16(日) 20:53:15.46 ID:yss5FSb50 [1/3]
>>8
漫画家として全盛期の頃はスポーツ好きで快活な好青年だったらしい
ちょっと残念な気もするがw

65 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2019/06/16(日) 21:39:02.67 ID:wtqqR2YU0
>>8
ホラー漫画家では若い頃の犬木加奈子がかなりの美女


12 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2019/06/16(日) 20:52:32.24 ID:sqrXVqgU0
小さい頃こいつの漫画見てトラウマになってる。
昔の絵は怖くて見れない。


15 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2019/06/16(日) 20:53:28.78 ID:FXs7VeEf0 [1/2]
ギニーピックと人魚ってこの人だったのか
レンタルビデオ屋でパッケージ見ただけで気持ち悪くなったわ


17 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2019/06/16(日) 20:54:21.17 ID:xvdBwo9B0
あまりにも気持ち悪すぎて、もらったコミックを川に捨てたなぁw


18 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2019/06/16(日) 20:54:51.80 ID:2eV1vluY0
きみはこのまんがを読んだ三日後にかならず死ぬ…


27 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2019/06/16(日) 21:03:30.83 ID:lenTRu7H0
やっぱり怖い泣
買いたいけど買えない


28 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2019/06/16(日) 21:04:02.86 ID:htUk3oSZ0
絵を見りゃ一発でわかるし散々色んなの読んでるはずなのに代表作が全くわからんw


45 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2019/06/16(日) 21:15:29.32 ID:txCKFW+P0
他の作家目当てでホラー雑誌見ることもあったけど、この人の作品だけは絶対見ないようにしてたわ