236 名前:水先案名無い人[sage] 投稿日:04/12/11 00:18:21 ID:hx3G+CV5
俺は幼少の頃親父が事故で死に、お袋と2人で精一杯暮らしてきた。
贅沢なんて言葉は存在しない、中学入ってすぐ新聞配達のバイトをし
高校は死ぬ物狂いで頑張り公立、そして見事就職でき彼女も出来た。
さらに先月孫の顔も見せる事が出来、順風満帆。

しかしながらお袋は昔からの過労のせいか遂に倒れた。
毎日俺の学費の為・生活費の為に朝から夜ずっと仕事をしていたからだ。

医者に「今夜が峠」と言われ、お袋のそばに付き添う。
お袋「お前は1人じゃ何も出来ない子だから心配だよ・・・」

「俺はもう昔の俺じゃない、お袋が色々世話してくれたから
 子供の世話だって完璧だよ。本当に今までありがとう・・・
 俺本当に感謝してる。お袋が俺を産んでくれた事
 ここまで育ててくれた事。凄く幸せだよ・・・」
お袋
「そうかい・・・お母さんもそう言ってもらえると嬉しい・・・
 それじゃ・・・元気でね、○○さん、この子を宜しく頼みます」
まだしわくちゃとは程遠いお袋は笑顔のまま目を閉じた。

産まれて初めて涙を流した。
俺は本当に幸せな人生を送っていると思う。






  1. ワイ「この猫38万円か。購入したろ!すいませ~ん」
  2. 家出希望のなんJ民を家に泊めた結果wwwww
  3. 【コロナ対策】昔ながらのしつけ 日本人なら当たり前にやってること
  4. 高校生の息子と向い合わせでスイッチの麻雀やってるだけでニヤニヤする
  5. 【画像】とてつもなく可愛いっぽい専門学生が発見されるwwwwwwwwww
  6. 【悲報】関西のJK、スカートが長すぎる
  7. 猫鑑定人来てくれ 絶妙に置物なのか猫なのかわからない画像がある
  8. 全然使ってないクレカを解約するのに 電話するのめんどくさいなーとほっといたんだけど