889 名前:癒されたい名無しさん[sage] 投稿日:04/10/10 10:04:11 ID:OTLoWO0D
高校だるくなってロクにいってなくて、
まあ成績もオール4からオール2まで落ちたわけだ。
親とかとかも取っ組み合いのけんかとかして、
そりゃ心配かけただろうけどもう家にもあんまり寄り付かなかった。

んで、あと英語一回休んだら高校4年目確定とまで言われたわけで、
流石にちょっと勉強しなきゃと思ったときに
1年以上疎遠だった友達となんとなく縁が復活して
アタマのいい子だったから教科書から試験対策まで本当にイロイロ助けてもらった。

その子がセンター試験で
兵庫の名門国立に入りたいって笑って
漏れは正直ちょっと嫉妬した。漏れにはもう無理な世界だからさ。

試験おわって電話きて、
まあなんとかいけたかなーって言われて、
一緒に卒業しようねっていわれたけど
( ´_ゝ`)って気分だった。


890 名前:889[sage] 投稿日:04/10/10(日) 10:04:42 ID:OTLoWO0D [2/2]
その次の日に、地震が来た。
その子は家のピアノにつぶされて、お母さん、お母さんといいながら
息を引き取った。
卒業式に一緒に出られなかった。
避難所で体育館つかえなくて青空だったけど、避難してる人が
一杯お祝いにきてくれても、なんか素直に喜べなかった。

後で生き残ったお母さんに逢ってみたけど、
その子は実は日本人じゃなくて、認知されてないお妾の子だったんだ。
アタマよかったのに金ないから、奨学金うけてさらに学校にだまってバイトして、
国公立分だけの入学金を自分で用意してたんだ。
漏れはいったいそのとき何してたんだろうね。サイアク。

貴女がいたから、今は周り道しながらだけど
どうにか貴女の希望する大学卒業して、どうにかやってるよ。
あー、もしかしたら初恋だったのかもなあ。わからんけど。

長文スマソ。