528 名前:癒されたい名無しさん[] 投稿日:05/01/21 03:08:09 ID:dPhylArK
私は看護婦です。さまざまな、患者を見てきました

ある日、小学生くらいの男の子が運ばれてきた。グッタリして、意識不明。原因は虐待
懸命の処置をほどこし、一命を取り留めた。しかし、彼は感情と記憶を失った。
明日になれば今日の出来事なんて忘れてしまう

私は男の子を抱き締めようとした。男の子は反射的に顔をかばった。虐待の記憶は覚えてないのに、、胸が締め付けられた

ある日、彼の母親が病院へ来た。カウンセリングを受け続けているそうで、とても反省していたが、私は許せなかった。

母親は男の子を見た瞬間、泣き叫び何度も誤った

私は次の瞬間おどろいた
「お母さん。泣かないで」
話すことも記憶さえもなくした男の子は、母親を覚えていた。何にも興味を示さなかった男の子は、ほほえんでいた

彼にとっては、たった一人のお母さん。記憶にあるのは、優しくしてくれたお母さんの存在。母親に対する愛情は強いと感じた。

虐待は治ったが、彼の記憶は治らない。しかし、今日を忘れても彼は優しい母親の記憶を明日、刻んでいくのだろう。今の彼はとても幸せそうだった