520 名前:癒されたい名無しさん[age] 投稿日:05/01/20 01:16:10 ID:BuD753zA
1度人間に傷つけられた動物は2度と人間になつかない

季節は冬。ある川に捨てられ野良犬と化した2匹の犬がいた。
母親と子犬、2匹は寒さに耐えながら、仲良くよりそって生きていた。

しかし、人なつっこい2匹の野良犬は残酷な人間のターゲットにされてしまう。子犬でサッカーを始める人間達。悲痛な声をあげる子犬。自分の身を犠牲にし、必死に子供を守ろうとカバう母犬。どんなに蹴られようと母犬は子犬を守り続けた。
血塗れで倒れる母犬、下半身はつぶれていた。心配そうに傷口を舐める子犬。
そんな2匹の犬を心配し、近づく人間がいた。しかし母犬は、使えない足を必死に動かし子犬をクワえ逃げようとする。二度と人間なんか信じない。

ほっとく人間もいたが、心配し毎日エサを与え続ける少女がいた。
子犬は喜んでエサを食べた。母犬は食べなかった。少女が近づくと時には子犬の前に立ち、威嚇した。2度と信じるもんか。
そんな日々を続けていた少女。ある朝いつものよーにエサを運ぶ。しかし、いつもと違う光景。母犬は寒さと栄養失調から倒れてしまっていた。子犬は悲しそうに少女を見つめていた。
ごめんね、ごめんね。少女は涙を流して謝った。母犬を抱き上げ暖めた。母犬は子犬の顔を舐めた。そして最後の力をふりしぼり泣いてる少女の頬も舐めた。この子をお願い‥と頼んでいるようだった。そして息をひきとった。
子犬は少女に引き取られた。しかし2日後亡くなってしまった

季節は春。少女の庭に二輪の花が咲いた。大きい花と小さな花。重なり合って咲き誇っていた。

一度傷つけられた動物は二度と人間を信じない。
しかし、子犬を守りたかった母犬は最後に少女を信じた。子犬も引き取られた2日間、少女になつき、幸せに過ごした。
少女が涙をこぼすと、泣かないで。ありがとう とでも言ってるかのように二輪の花は静かにゆれた。






  1. ワイ「この猫38万円か。購入したろ!すいませ~ん」
  2. 家出希望のなんJ民を家に泊めた結果wwwww
  3. 【コロナ対策】昔ながらのしつけ 日本人なら当たり前にやってること
  4. 高校生の息子と向い合わせでスイッチの麻雀やってるだけでニヤニヤする
  5. 【画像】とてつもなく可愛いっぽい専門学生が発見されるwwwwwwwwww
  6. 【悲報】関西のJK、スカートが長すぎる
  7. 猫鑑定人来てくれ 絶妙に置物なのか猫なのかわからない画像がある
  8. 全然使ってないクレカを解約するのに 電話するのめんどくさいなーとほっといたんだけど