423 名前:癒されたい名無しさん[sage] 投稿日:04/12/26 18:19:34 ID:eE+UPlgQ
あなたが一人暮らしの私の部屋に初めて泊まりに来たあの日、あなたに初めての
手料理を作った。あなたは「美味しい」と言って喜んで食べてくれたね。
でも、お味噌汁を飲んで一言、「おふくろのと味が違う」

私は悔しくて、大ゲンカになってしまった。あなたはすぐに謝ってくれたけど、
私は「もう今日はあんたの顔見たくない!帰って!」と泊まる予定だったあなたを追い返した。

悔しくて、悲しくて、泣きながら眠ったあの日…あの夜に起こった阪神大震災。

あなたの住んでいたアパートは全壊。あなたを含めて、住人は一人も助からなかった。

もしもあの日、素直に仲直りしていたら、あなたはあのまま私の部屋に泊まり、
今でも私の隣にいてくれたかもしれない。
お味噌汁を作るたびに、そんな事を思ってしまいます。