703 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:04/03/25 01:03 ID:r/Rlog/h
小学校1年生の時、俺のこづかいは月100円だった。
その頃、俺の周りではカードダスが流行っていた。
カードダスというのは、ドラゴンボールなどのキャラのカードが出てくる機械で、
出てきたカードを集め、友達同士で見せあっこしたり交換したりするのだ。
カードは1枚20円なので、俺のこづかいでは1ヶ月5枚しか買えなかったが、
たまにばあちゃんに買ってもらったりしてコツコツ集めていた。
カードダスのレバーを回すと、裏返しにカードが出てくる。
それを表にする時、とてもドキドキした。

カードの中にはキラカードといって、絵がキラキラしているものがあった。
そういうのはレアで、なかなか出ない。
でも俺はその中でも特に珍しいカードをもっていた。
友達に見せて自慢したり、とにかくとても大事にしていた。
誕生日に買って貰ったカードアルバムに入れて、いつも持ち歩いていた。

ある日こづかいを貰った俺は、いつも通り即行でカードダスがあるスーパーに向った。
そこのカードダスの前に、俺より少し年上と思われる少年がいた。
俺がカードを買おうとすると「どんなカードもってる?」みたいな感じで話し掛けられ、
俺はもっていたカードアルバムを見せることになった。
その少年は俺の大事にしているキラカードを欲しがり、
「このカード(普通のカード)と交換してくれ」と言ってきた。
キラカードはキラカードと交換するのが普通なのだが、
気の弱かった俺は強引な誘いを断りきれず、カードを交換してしまった。
さらにもう一枚のキラカードも渡してしまった。
その後買った5枚のカードは、全部雑魚カードと呼ばれるもので、
家に帰った俺は、カードアルバムの空になったキラページを見て泣いた。

小学校3年生になった辺りからカード集めはやめたが、
あの時のせつない気持ちは今でも覚えている。