667 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:04/03/23 12:23 ID:WOhy4Agj
夫の小学生の頃の話です

夏休みにおばちゃんちに遊びに行った時に
近くのスーパーで夏休み特別企画のお化け屋敷大会が催されたそうです。
その情報を仕入れてきたいとこや幼少の夫は大喜びで
開催する夕方までワクワクして一日を過ごしたそうです

夕方になって開催されてるスーパーに行くと
お化け屋敷と思わしき、ちょっと大きなテントが・・・
そしてそのテントの周りには人影がない・・・
それでもいとこたちとテントのほうに進みお化け屋敷の中に入ると、
一応そこら辺で切り出してきた竹でお化け屋敷内は迷路状にはしてあるけど
迷路を構成している竹の本数があまりにも少なく出口まで筒抜けで、
さらに、お化けの格好に変装した店員さんが真剣になって
小さくなって隠れているのが入り口からすべて丸見え・・・。

そのお化け屋敷は小学生の夏休みの夜に
恐さよりも、大人は仕事の為に色んな事をしなければならないのかと言う
大人社会の切なさを味わったそうです。