124 名前:癒されたい名無しさん[] 投稿日:2011/06/01(水) 02:51:33.36 ID:nUKBNmjb
小さいころ、親どうしが仲が良かったターくんという幼馴染みがいた。
大きくなったら結婚しようとか言ってよく遊んでた。
小学生高学年のころになると、異性と遊ぶということに抵抗を感じて、
疎遠になっていた。
ターくんは両親が離婚し、中学にあがる前に転校した。
私は中学に入ったころからひどいいじめにあうようになり、
もう毎日自殺を考えるほどに病んでいた。
田舎なので高校に進学しても、ほとんどメンバーは同じで、
状況は変わらず凄惨ないじめは続いた。
一年の夏、突然ターくんが転校してきた。
お母さんが亡くなり、お父さんを頼り地元に帰ってきたようだった。
しばらく見ないうちに随分垢抜けていて、内心笑ってしまった。
でも、私はいじめられてる自分をみられるのが嫌で、ターくんのことを知らないふりをしていた。
ターくんも私に話しかけることはなく、忘れたのだろうなと思っていた。
ターくんが転校してきてから一週間もたったころ、
いつものように昼休みにいびられているところにターくんが通りがかった。
ターくんはなにやってんだてめえら!
と怒鳴り、私といじめっこの間に割って入ってくれた。
私のこと覚えてたんだ、と本当に驚いた。
私は自転車置き場でこれまでのことを話し、もう人生でこれ以上ないんじゃないかってくらいに泣いた。
ターくんはポンポンと私の頭を叩くだけで、なにも言わなかった。
その後でいじめっこのリーダーの彼氏がターくんを呼び出した。
しかし、ターくんは中学で空手をやっていたそうで、
いとも簡単にその彼氏や番格の二人を倒したそうだ。
程なくして、ターくんはヤンキーにも一目置かれるようになり、
男子の中心的存在になった。私へのいじめはいつの間にか無くなった。
しかしその事件のせいで、ターくんは予定していた空手部の入部がふいになってしまった。
そのことを私は泣いて謝った。が、ターくんは、
気にすんな、俺が空手をやってたのはお前を守るためだったんだな笑
といい、
私の頭をポンポンと叩き、飲みかけのポカリをくれた。
その後、私とターくんは半年ほど付き合うこととなったが、
些細なことで別れてしまった。

あれから10年以上経ったが、いまもいい友達として付き合ってる。
私は地元の大学に行き、そこで出会った先輩と結婚した。
ターくんは地元でお嫁さんとセレクトショップを開業し、
私は旦那と一緒に、たまにそこで買い物をしている。

ターくん、今私は本当に幸せです。
でもこの幸せはきっとあの時のあなたのおかげです。本当にありがとう。
私があんなに泣いたのはあなたに話を聞いてもらったときと、結婚式のときだけです。
本当にありがとうね。

https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/healing/1186599218/