134 名前:774RR (ワッチョイ ffa4-UKyl)[sage] 投稿日:2018/12/15(土) 17:18:02.42 ID:tdgLNu/k0
仏人が日本に住んでいた頃、「A」が当時勤めていた近所のスーパーの
総菜コーナーのポテトサラダがお気に入りで、しかもハシモトさんが
作った物が特にお気に入り。
行くたびにポテトサラダを指さし「コレ、ハシモトサン?」と聞くので
最初の頃「A」や他の店員は「いや、それはポテトサラダ」と答えていたそうだが
やがて「ハシモトさんのポテサラが欲しいんだ」と気付いたスーパーは
ハシモトさんにポテサラの担当になってもらったそうだ。
もちろんポテサラ以外の物も手がけてはいたそうだが。
売り場にポテサラが無く「オゥ…」と悲しそうな顔の仏人に店員さんが
「はい、ハシモトさん」と彼の為にハシモト印のポテサラ1つ取って
おいてくれたり、ハシモトさんの誕生日にセーターを贈ったりしていた


750 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2009/06/03(水) 20:48:30 ID:Nli7DVY0
続き

半年ほど離日した後、ハシモトさんのポテトサラダを買いに行った
仏人に「A」はハシモトさんが亡くなった事を告げた。
同じスーパーでパートをしていた娘さんに連れられ、仏壇に線香を
挙げに行った、その時。
娘さんが「これ、お母さんに聞いて作ったんだけど…」とポテト
サラダを仏人に差し出した。
そのポテトサラダを泣きながら食べた仏人が、一言。
「チガウヨ…キョウノ、ポテトサラダ、ショッパイヨ…」

それからしばらくして、また仏人がスーパーに現われるようになった。
ハシモトさんの味を引き継いだ娘さんのポテトサラダを買いに。
「コレ、二代目?ウデ、アゲタネー!」