409 名前:○○ 投稿日:02/09/08 11:39
母の葬儀から数日たったある日、遺品を整理していたら育児日記が出てきた
中には幼い頃の俺のことが書いてあった

○月×日
今日はミルクをたくさん飲んだ
×月△日
今日はお風呂に入れた 気持ちよさそうだった
♂月♀日
今日は・・・

日記を読み進めていくウチに俺の目に涙がにじんできた
そして日記は7冊目の終わりに入り、日記の中での俺は5歳になっていた

10月9日
○○(俺の名)を連れて買い物に出かけた
街路樹からは色とりどりの落ち葉が舞い、○○はそれを一生懸命追いかけていた
○○が一枚の落ち葉を私に差し出した。イチョウの落ち葉だった
「おかーさんにあげる」と舌足らずな声で喋りながら
私の手にイチョウを持たせてくれた
私が「なんでくれるの?」と聞くと
「きれいだからおかーさんにあげる」と答えた
自分の息子とは言えプレゼントを貰うのは嬉しいものだ 
○○に「ありがとう」と言うとニカッと嬉しそうに笑った 
この子はホントにいい笑顔をする

そこで7冊目の日記は終わった。俺は全く覚えていない出来事だった
日記の最後のページにはしおりが貼り付けてあった
そのしおりには一枚のイチョウが封されていた
そしてその下にこう書かれていた

「○○からの大切な思い出」

・・・俺は・・・声を出して泣いた・・・いくら泣いても涙は止まらなかった・・・

しおりは今もパソコンの脇に飾られている・・・






  1. ワイ「この猫38万円か。購入したろ!すいませ~ん」
  2. 家出希望のなんJ民を家に泊めた結果wwwww
  3. 【コロナ対策】昔ながらのしつけ 日本人なら当たり前にやってること
  4. 高校生の息子と向い合わせでスイッチの麻雀やってるだけでニヤニヤする
  5. 【画像】とてつもなく可愛いっぽい専門学生が発見されるwwwwwwwwww
  6. 【悲報】関西のJK、スカートが長すぎる
  7. 猫鑑定人来てくれ 絶妙に置物なのか猫なのかわからない画像がある
  8. 全然使ってないクレカを解約するのに 電話するのめんどくさいなーとほっといたんだけど