275 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:04/02/29 23:19 ID:a4YJS1Os
小学5年だったかなあ、そんくらいの時の話。
ある結構雨降ってた日、学校からの帰り道の坂で猫の声が聞こえて来た。
「ミャー、ミャー」って。
そこは木が沢山生えていて見つからなくて、どっかに居るんだろーなーと思って探してみた。
探してたら、いきなりクラスで片思いしてた子が
「どうしたん?猫おんの?」って。
いつの間にか近くにいてた。
「あ、ウン…。たぶん」
っていって、そのあとも彼女と探してたんだけど、見つからなかったなあ、猫。
ただ雨の「ザーザーザーザー」っていう音と猫の「ミーミーミー」という
声がなんかすごい切なくて、雨の音が聞こえるたびにあの時のこと思いだしてすごく切なくなる。
その子とは学校が別れたけど、元気かなあ、今も。




【悲報】サラダチキン、一気に廃れる
ココイチでコスパ高いカレー
車庫からバイクが消え警察に通報 → 犯人は捕まったんだが…
初代ekワゴン買おうかと思ってる…
糖尿病ってどんな食生活してたらなるの?
【宮迫追放】アメトーーク!蛍原と新コンビを組む新たなMC決定www
【(´・ω・`)ガカ-リ】謎の天体オウムアムアに国際チーム結論「エイリアンの探査機でない」
【物資】なんだよこの漫画・・・【注意】