45 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日: 2000/09/03(日) 04:58
  子供の頃、夜中目が覚めてトイレに行こうとしたら、足元をなにかがかすめた。
  なんだ?と思っていると、白いものが部屋のなかをひゅんひゅんとびまわって
  台所のほうに消えた。
  ひえ~と思い、おにいちゃんを起して、いっしょに台所にいって、
  「おばけでてこい」などとバットをふりまわしていたら、親が起きてきて
  電気をつけた。すると、白い猫の子がすみっこでおびえていた。
  どうやらよっぱらって帰ってきたお父さんがちゃんとしめなかった(無用心な・・・)
  勝手口から入ってきたらしい。
  その猫、今も実家にいます。(ニャジローと命名)