964 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:03/07/09 02:26 ID:S5d0orD0
中学生の時、いつもは親が車で塾の送り迎えをしてくれていたのですが
(たまに変質者が出ていた為)、その日は親に用事があったので、
帰りはタクシーを使うことになりました。
初めて一人で乗るタクシー、ちょっと緊張しながらも運転手さんと
お話しているとあっという間に家の近くの大通り。
その大通りから一本細い道を入って曲がるとすぐ家だけど、
家の前まで車で入るとUターンが大変だということを思い出しました。
そのことを運転手さんに伝え、大通りで停まってもらいました。
「本当にここで大丈夫?」「大丈夫です。」
でも内心、ちょっと怖かった。
家まではすぐだけど、その道は街灯が少なくて暗いんです。
タクシー降りたら家まで走るぞ!と気合を入れて踏み出したところ、
なんだかいつもより道が明るい。振り返ってみるとタクシーの
運転手さんがヘッドライトで道を照らしてくれていました。
一度振り返ってお辞儀をしたのですが、私の姿が見えなくなるまで
ずっと道を照らしてくれていました。
すごく安心したのを覚えています。
あの時のタクシーの運転手さん、本当にありがとうございました。
長文失礼しました。