20 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2007/12/24(月) 18:52:40
脂身へ

俺は大好きなものは後にとっておくタイプだから、
君には時々つらい思いさせたんじゃないかって思う。
真っ白かった君が、少しほてって半透明がかった感じが好きで、
気がつくと、1日になんども求めてしまったりして。
周りの色にちょっと染まっていく君も大好きで、
いろいろな君をかみしめたくて、少し無理をさせてたのかもしれないね。
君がそばにいてくれる時間は、その全てがかけがえなくて、
君を誰にも取られたくなかった、僕だけの物にしたかったんだ。
でも、、ごめん。
今の僕は、君の全てを受け入れる事ができない。
大好きだったのに、すごく大好きだったのに、、
30近い僕の体が、君の魅力を持て余すんだ。
甘くて、濃厚で、舌先から体の真ん中に染み込んでくる快感を、
僕の体は確かに覚えていて、時々発作のように求めたくなるけれど、
ごめん、
もう君と、何度も何度も交わることができないんだ。
本当に大好きだったよ。
僕がこれから年をとって、
君との接点が、更に薄れてしまったとしても、
君と一緒の時間は、いつまでたっても、特別なもの。

https://human7.5ch.net/test/read.cgi/tomorrow/1198367417/