824 名前:おさかなくわえた名無しさん [] 投稿日:2001/08/11(土) 22:21
もう亡くなってしまったけど、私が高校の頃、ボケたうちのおじい
ちゃんがいつのまにか家を出てしまい、行方不明になってしまいました。
近所の人や親戚がおじいちゃんが行きそうな所を手分けして
探してくれました。しかし、5時間ほどたってもみつからず、
めったに降らないのに、その日に限って雪が降ってきて
とうとう警察に行きました。警察の方は「10時(夜の)になっても
みつからなければ、山狩りをします。」と言いました。
そしてとうとう見つからず、も1度警察に言ったらすでに
20名程の山狩りの方が勢ぞろいしていました。
その日、夜勤の人数が少ないので、日勤で家に帰った人達をわざわざ
集めての体制でした。そして、「今から山狩りを始めます。」って
時に、あるお寺の中でおじいちゃんがみつかりました。
集まって下さった方にとても悪くてひたすら「御迷惑かけてすみません
でした。」と誤っていたら皆さんが「おじいちゃんみつかって
よかったです。何も起こらなかったのが一番ですから。」と言って
くれました。
それまで警察はエラそうなイメージや、「この時間は俺の働く時間帯と
ちゃうねん!」と思ってられるイメージがあったけど、エラそうな
人ばかりではないねんなー・・・、と思えました。