12 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:03/08/01 00:39 ID:UeSjSetW
高校の頃、倫理の先生が好きだった。
真田広之似でとても端正な顔立ちだった。
落ち着いた真面目な人だけどどことなく過去を感じさせる人で、何かのきっかけで哲学に傾倒して
そのまま倫理教諭になったという感じの人だった。
端的に言えば太宰治っぽい雰囲気。たぶん工房の自分にはそこらへんがたまらなかったんだろう。

その先生が、何を教えていたときだったか忘れたけれど突然
「やっぱり女性は、一緒にいて安心できるような、包み込んでくれるような人が一番いいですね・・・」
と、一瞬、授業中であることを忘れたかのように一人遠い目でつぶやいた。

あのとき先生何があったんだろう?
思い出すだけで何か胸が苦しくなる。ああ、あのときの先生を今の私が包んであげたい・・・