514 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:2001/07/06(金) 13:08
電車の中といえば、先日こんなことがありました。
お昼前のかなり空いている時のことです。
白い杖を持ったおばさんと盲導犬が乗って来ました。
私はドアのすぐ横に座っていたので、
座席を譲り、中央のほうに移動しました。
次ぎの駅で、スーツ姿の赤黒い顔の男性が乗ってきました。
その50歳くらいの男性は、犬を見つけると手に持っていた傘(梅雨どきなので)で
犬をかなり強く突つきだしました。
何度も突つこうとします。
私は怖かったのですが「何をするんですか」と言ってしまいました。。
男性は「わしは犬がきらいなんだぁぁぁ」と大きな声を出し
「こいつらは絶対反撃してこないんだぁぁぁ」と更に突つき続けます。
おばさんは「すみません。すみません。すぐに降りますから」とオロオロしています。
その間1分くらいでしょうか、私がどうしようか困っていると
「パシーン」と音がしました。
見上げると、30前後のおじさんがスーツの後ろから頭を傘で2~3回叩いていました。
「俺は犬が好きやねん。代わりにワレをしばいたるわ」
そう言うともう一回傘を振りかざし、スーツ男を車両の端のほうへ追いかけて行きました。
呆気にとられていると、
小学校前後の女の子が「大丈夫?」と言いながら犬の頭を撫でていました。
そして、次ぎの駅で、スーツ男は電車を降り(降ろされ?)ました。
戻ってきたおじさんは、おばさんに「もう大丈夫ですよ」と言うと、
ドアの反対側の座席にいる奥さんらしき人のところに戻りました。
女の子が「もうちょっとワンちゃんといてていい?もうちょっとだけ」と聞くと、
おじさんは「迷惑にならないようにな」と応じ、奥さんと話しだしました。
女の子がディズニーの服とかばんだったので「ディズニーランドに行くの?」と聞くと
「昨日行って来たの。おもしろかった」と言います。
「犬が好きなパパで良かったね。おうちにはワンちゃんいるの?」と聞くと、
「お父さん、犬あかんねん。よう触らんねんよ。だから飼えないの」と
言われてしまいました。
感動的、チャンチャン、でした。
ありがとう。


515 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:2001/07/06(金) 13:41
話しが良い。
それに、「関西弁を話す良い人」もいる。
当たり前のことだけど、、、
忘れていた。

ほんわか~~~。
ありがと。


516 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:2001/07/06(金) 13:43
やっぱり関西人はええ奴がぎょうさんおるっちゅー事や。