42 おさかなくわえた名無しさん:2018/09/10(月) 10:46:56.98 ID:CaSHK/8R
昭和40年代、とあるど田舎で起こったとされる話
今では到底考えられないことだが、あの頃は自動車免許の制度がゆるゆるだった
特に田舎の戦前生まれともなると顕著で、例えば車を買って無免許で峠道を飛ばし、都市部の警察署へ
「あの山道を運転できたのなら合格ですね」と現場の警察の裁量で免許が与えられるということもあった
なので免許なんかなくても車ぐらい運転できるわ、という世代が少なくなかった

──ある男が無免許の現行犯で捕まった
「おまえこれで何度目だ?」と呆れる警察官を横目に男はいつものことと慣れた様子
男にしてみれば後からルール変えた公安の方が悪い、俺は免許無しでも運転できるぐらいの認識だったろう
しかし警察にしてみれば悪質な常習犯
いつしか要注意人物として男に対するマークが厳しさを増し、やむなく男はバスで移動するようになった

ある日、バスに乗って山道を移動していたら様子がおかしい
男が運転席へ向かうとドライバーは気を失ってぐったりしていた
このままでは大惨事になると男はとっさにサイドブレーキを引いて停車
ドライバーを降ろし他の乗客に席を譲ってもらい、そこへ座らせる
一刻も早くドライバーの救急搬送が必要だと判断したので、男はバスを運転しそのまま最寄りの事業所へ
なにごとかと駆け寄る従業員に事情を説明し、すぐさま119番通報
男の咄嗟の判断が功を奏し、ドライバー、乗客、バス車体全てが無事だった

このことは当然警察の耳に入ることとなり、後に男は感謝状を授与することになった
無免許とはいえ人命救助が最優先という点が認められたからだ
例の警察官もこの時ばかりは満面の笑みで、
「お前さんは村のヒーローだ、もう悪さはできないよな?真面目に生きるんだぞ」と労いの言葉をかけたという

その数か月後、男はまた無免許運転で捕まった