454 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:2001/06/29(金) 00:03
北海道ツーリングで富良野へいった時

バイクを降りてぶらぶら歩いていたら、突然の夕立(しかも大降り)
雨宿り出来る場所も無かったので木の下で半分濡れながら
「どうしよう~バイク置いてある場所まで戻れない~」と
思いつつ雨が上がるのを待っていたら、すぐ近くの民家から
老夫婦が「こっち来なさい!」とひっきりなしに手招きをしている
何がなんだか分からないままとりあえず駆け込んだ

その老夫婦は濡れネズミの私を快く家にあがらせてくれ
ジャケットを乾かしてくれたり、お茶を入れてくれたり
オマケに「お昼まだだよね?」と言ってご飯までご馳走してくれた
バイクで一人旅をしていると話したら
「女の子一人で?すごいねぇ~でも親御さんが心配するでしょ」
と心配までしてくれた

1時間ほどしたら雨も上がったのでお礼を述べて
「家に帰ったらお礼状を書きたいので住所と名前を教えて下さい」と
言ったら
「そんなことせんでいい!貴女が無事に家に帰ってくれればいいの」
と暖かい言葉をかけられ、何時までも手を振って見送ってくれた

帰り道、嬉しくて涙が出てきた
あの老夫婦は元気だろうか?






  1. ワイ「この猫38万円か。購入したろ!すいませ~ん」
  2. 家出希望のなんJ民を家に泊めた結果wwwww
  3. 【コロナ対策】昔ながらのしつけ 日本人なら当たり前にやってること
  4. 高校生の息子と向い合わせでスイッチの麻雀やってるだけでニヤニヤする
  5. 【画像】とてつもなく可愛いっぽい専門学生が発見されるwwwwwwwwww
  6. 【悲報】関西のJK、スカートが長すぎる
  7. 猫鑑定人来てくれ 絶妙に置物なのか猫なのかわからない画像がある
  8. 全然使ってないクレカを解約するのに 電話するのめんどくさいなーとほっといたんだけど