426 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:2001/06/27(水) 16:27
昨日旅先の海岸でひとり夕陽を見て1時間半ほどたたずんでいたら、
遠くで釣りをしていたおっちゃんたちが、夕陽が沈んだとたんに
わざわざ来て、もう帰りな、って言ってくれた。
小さい町なので、見知らぬ顔のオンナが一人、ずーーーーと海をみて
いるので、自殺でもするのではとか、暴走族とかに絡まれたらとか
心配になって来てくれたらしい。
ちょっと感動した。
ただ単に海に向かって一人で歌を歌ってたんだけど・・・
歌も聞かれた・・・ハズカシイ

でもうれしかった。