782 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:03/06/12 10:54 ID:WHVAwfag
今までで一番、心にじーんときたことです。
あるスーパーのオープンイベントに息子と行きました。
入り口で風船を配っていて、息子はそれをもらって喜んでいましたが、
買い物を始めて5分も経たないうちに突然割れてしまったのです。
何で急に割れたのかわからないのと、悲しいので、息子は大泣き。
私も予想外の展開におろおろしながらなだめてました。

すると、おじいさんが現れ、「ほら、もらって来てやったよ」と
風船を差し出してくれたのです。びっくりして「ありがとうございます」
というとすぐにおじいさんは、また買い物に、戻ってしまいました。
その後姿をみると、足が悪い様でした。
それなのに息子が泣き始めて、すぐに入り口へ戻って、
風船をもらって来てくれたんだなって
思ったら、その気持ちがすごくうれしくて涙が出そうでした。

息子もすぐに泣き止んで、
「おじいちゃん、ぼくが泣いてたから、風船もらって来てくれたんだね」
っておじいさんの気持ちがうれしいようでした。

今でも思い出すと、じーんとして、目頭が…。
おじいさん、ありがとう。