260 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・[] 投稿日:03/08/04 08:25
私が小5の頃の七夕の日の話です。

その日の午後、母と近所の人が道端で立ち話をしていました。
そこへ我が家で飼っていた猫が数匹集まりつつあったのですが、
1匹が車に轢かれてしまったのです。
その子は死んでしまったのですが、道路が血で汚れてしまったので
急いでたわしとバケツを持って来て掃除をしました。

死んでしまった猫の兄弟猫2匹が寄り添って眺めていたのが印象的です。

その日の夜暗くなってから、天の川を見る為に近所の公園に子供が集まりました。
私も行ったのですが、天気が悪く、天の川は見えずじまいですぐに解散。


261 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・[] 投稿日:03/08/04(月) 08:25
つづき

帰り道、自分以外誰も歩いていません。

ふと顔を上げると、目の前1mのところに男の子が歩いていました。
当時の自分より、1~2歳くらい年上のような感じです。
さっきまでいなかった…と不思議に思って見ていると、
忍者っぽく、ブロック塀にピョンと飛び乗ったのです。(大人でも絶対無理!)
男の子はぐらつきもせず、スタスタスタ~っと歩いて曲がり角で消えました。

その男の子があらわれた場所は猫が轢かれた場所で、
消えた場所は、我が家でした。

私が心配で、迎えに来てくれたのかなぁ…と今でも思います