254 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] 投稿日:03/08/01 22:29
うち、犬飼ってたんですが
去年死にました。16歳でぽっくり。
本当に本当に手間のかからない犬だった。

泣き暮らして三日目。
我が家は玄関に新聞と布敷いて、
夜だけ玄関で過ごさせてたんです。
その夜、いつもは犬を家に入れる時間に玄関で敷いてない筈の新聞紙の
音がガサガサ聞こえました。
母親も気がついたようで私と顔を見合わせました。
何故かそのときは「ああ、来たんだ」ぐらいにしか思わず。
(あんなに「会いたいと思ってたのに)。

そして眠りについた頃、
夢ウツツに犬の爪の音が廊下に響いてました。
「挨拶に来たんだなー」って思いました。
枕元まで来たのを覚えているんですが、私は安心してまた眠りにつきました。

その件以来、なんか悲しいのだけど吹っ切れた感じがして。
最後まで犬に世話してもらった気分です。
駄目飼い主ですんませんでした。

たいした話じゃなくてスマソ。
しかも読みづらいかも。

https://hobby4.5ch.net/test/read.cgi/occult/1053548500/