198 名前: 本当にあった怖い名無し 投稿日: 2011/09/01(木) 16:42:40.30 ID:xy6QOJLA0
私は背がでかい。
背がでかいくせに、ヒールが大好きでさらに背がでかくなる。
お盆に実家に帰ったとき、灰色っぽいワンピースにヒール履いてた。
その時知らない人の家の塀の横をあるいてて、結構高い塀で
普通の身長の人だったら塀の奥は覗けないかんじだった。
でも私は背が高いうえにヒール履いてたから、家のほうから見ると
頭から鼻先くらいまで見えてる感じになった。
そしたら、塀の奥に家の住人がいたみたいで、若いお兄さんだったんだけど、

「うっうぼあばばばばsdkfjけlkんd!!!!」

みたいな感じで叫んで腰抜かしてた。
某幽霊(神様?)と間違えたんですね…
その日の夜、実家の自分の部屋で寝てたら、女の人が足元立ってた。
おわり


203 名前: 本当にあった怖い名無し 投稿日: 2011/09/01(木) 18:08:46.38 ID:xy6QOJLA0
>>198です。
愛犬の散歩行く時間で、無理やり終わらせましたすみません。
続き書きます。

その日の夜、実家の自分の部屋で寝てたら、女の人が足元立ってた。
一瞬びっくりしたけど、何時間もかけて実家に来た挙句、幽霊に間違われて
色々疲れてたのに睡眠を邪魔されていつになく冷静だった。
幸い(?)金縛りにはなってなくて、普通に動けたので、布団からでて
いつでも逃げれるように部屋のドアまで移動して
「どちらさまですか?」
って聞いたら
「あんたでしょ(`д´)!!」
っていきなり叫びだして、
「あんたでしょ!あんたでしょ!あんたでしょ!」
ってものすごい表情で怒るから、こっちもキレた。
その女の人と私の距離が2メートルくらいあったんだけど、
「うおおおおおおおお!」
って大声だしながら足をするようにズササササササってその女の人に近づいた。
そしたらその女の人はキャッって小さく叫んで消えた。
そのあとの記憶は無く、気づいたら朝だった。
こんどこそ終わり

https://kamome.5ch.net/test/read.cgi/gline/1313483355/