510 名前:おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日:03/08/10 20:55 ID:U8ma3E/x
 先日の台風の日の出来事。

 お店に品物が入っていなかったということでお届けのために、タクシーに乗り、
とてもいい人で快適でした。
 お客さんのお住まいがマンション集合体で棟の番号が見ただけでは分からない。
するとタクシーの運転手さんは雨降ってるのに雨の中、
わざわざ降りて場所を聞いてくれました。
何というかと手もスマートな親切の仕方をする人だなと思いました。
 ただ一つだけ気になったことがあったんです。
運転手さんにはまったく関係のないことですが、
行きにマンション入り口の道路に
おそらく猫さんが事故った亡骸らしきものが見えて
私は可哀想だなとは思っていたんですが、
口にするのも何だかと思ったので黙ってました。

お客さんにお届けが終わり
(このときマンション入り口を尋ねたお子さまもとても丁寧に教えてくれて嬉しかったし、
お届け先のお客様もいい人で良かったです)、
道 に戻るとタクシーの運転手さんが外にいたんです。
雨が降ってるのにわざわざ外に出ていたので訝しんでいると先ほど道にあった亡骸がなかったんです。
それを見て、ああ、この人がやってくれたんだなと思いました。
あえてそのことを話題にはしなかったんですけど、
心の中で御礼を言いまくりでした。

自分もこういう人にになりたいと思いました。

降りるときにはすべての意味で御礼を言い、
またこの人に会えるといいなあと心の底から思いました。

タクシーの運転手さん、これからも頑張ってください!

長文失礼。

https://life2.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1045525463/