142 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:04/04/07 00:46 ID:AhzjsRrV
俺は一人っ子。
小学校の頃の友達はほとんど兄弟姉妹がいて、自分が一人っ子っていうのが
とても嫌だった。
「なんで俺には兄弟いないんだよ~」ってよく親に文句を言っていた。
中学や高校の頃は別に一人っ子というのは気にならなくなっていたけど、
小学校のときは本当に嫌だった。

その後、大学へ進学したが、特に親に感謝するということはなく、
大学まで行かせてもらうというのは当然だと思っていた。
(多分、ここ読んでるみんなもそんな感じだと思うけど)


143 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:04/04/07(水) 00:49 ID:AhzjsRrV [2/2]
親父が養父だって聞いたのは二十歳になる直前のとき。
俺が小さい頃、母親と知り合い結婚したそうだ。
それを聞いたときは正直ショック受けたし、いろいろ考えることはあったけど、
最後には、本当の子供のように、全く養子だってことを俺に悟らせずに
育ててくれた親父に対して感謝の気持ちでいっぱいになった。

でも、面と向かってありがとうとか言うのも照れくさいし、
今まで通りが一番かなと思って、冷たいとまでは言わないけど、
そっけないと言うかごく普通に接していた。
大学は一人暮らしだったし、就職しても実家には戻らなかったんで、
会うのは年に1回くらい。そんな程度。

この前、親父の葬式があって、その後母親と二人で
親父について思い出話とかいろいろ話したんだけど、そのときに聞いた話。
親父は母親と結婚するとき、子供は作らないと決めたんだそうだ。
俺と実子、公平に扱うことができるかわからないから、
というのがその理由。
母親は「分け隔てなく育てればいい」と言ったそうだが・・・

今になって、小学校の頃に言っていた文句のことや、
もっと実家に帰って素直に感謝すればよかったなぁとか、
後悔している。もう遅いんだけどさ。

なんかうまく文章をまとめられなくてゴメン。