525 名前:1/2[sage] 投稿日:04/07/30 17:05 ID:UPjRS382
話題の「誰もしらない」のもとになった事件を知って思い出した。

もう20年ほど昔、中学生だった私は、父親の転勤について
かなり遠方に引っ越すことになった。
住まいは両親の持ち家だったので、両親は懇意にしていた地元の
不動産会社を通して、人に貸した。

店子さんは何回か変わったのだけど、ある家族の話。
夫婦と小学生の兄弟二人という家族で住んでいたのに、
ある日お母さんが蒸発。しばらくしてお父さんも家に帰らなくなった。
残された兄弟は、親の帰りを待ちながらひと月ほど、
二人だけで生活していたという。
近所の人が様子がおかしいことに気づいて警察だか保健所に連絡、
兄弟は親戚に引き取られたそうだ。


526 名前:2/2[sage] 投稿日:04/07/30(金) 17:06 ID:UPjRS382 [2/2]
転勤先から家は、当時の交通事情では移動にまる一日かかるほど
離れていたので、母の親戚が空き家となった家を見に行き、
写真と手紙で報告してくれた。
兄弟二人で暮らしていたそのままの状態で、散乱した服、
お菓子やカップ麺の残がい。湯船の湯は変えられることなく、
浴槽はひどく変色していた。そして玄関のげた箱の上に置かれた
小さな水槽の中に、ペットだった亀が2匹、元気にしていたそうだ。

自分とはさほど年齢の変わらない小学生の兄弟が、どんな気持ちで
暮らしていたかと思うと、涙が出る。
せめて引き取られた先で、愛されて暮らしていたらいいんだけど。
その兄弟も、人の親となっておかしくない年齢になったはずだ。
幸せな家庭を築いているだろうか?
結婚しなくてもいい、人を信頼できる人間に育ったろうか。
会ったこともない名前も知らない兄弟だが、気になっている。