811 名前:大人の名無しさん[] 投稿日:03/01/20 20:35 ID:+NBmCprR
小学校低学年の時に両親が離婚して、父方に引き取られたおいらにとって、
おばあちゃんは母親みたいな存在だった。掃除、洗濯、それに弁当づくり。
おいらを心の底から可愛がってくれた。

大学には浪人して入ったけど、ちょっとグレていたオレは、高校生ぐらいの
頃から、ちゃんとおばあちゃんに接することができなくなってきた。少し辛く
当たったこともあった。高血圧が持病のおばあちゃんは、その頃ぐらいから入
退院を繰り返すようになり、就職する頃には、老人医療施設に入りっぱなしに
なっていた。




親戚の政治家にお願いして、一応、立派な施設には入れてもらっていたが、
そういった場所は長居が出来ず、施設を転々とわたり、だんだん場所も遠くな
っていった。オヤジたちと一緒に見舞いに行くのはイヤだったから、ひとりで
行って、しばらく話して、最後にひたいに手をあてて、帰るのが、いつもの見
舞いのやり方だった。

でも、しまいには1年に一遍ぐらいしか行けなくなり、最後の施設は行けず
仕舞いで終わってしまった。

就職して2年目の冬の日曜日、その日は映画でも見に出かけようとしたら、
家から電話があって、おばあちゃんが危篤だという。急いで、そこに行こうと
したら、今度は亡くなった、という知らせがあった。

オヤジと再婚相手と3人でクルマで出かけた。地元の斎場になきがらを移す
ためだ。2時間ぐらい走って、着いた山奥の施設は、奇麗にはしてあったが、
やや寂しい印象を受けた。
(続く)


812 名前:大人の名無しさん[] 投稿日:03/01/20 20:38 ID:+NBmCprR
霊安所みたいなところでおばあちゃんと対面。久しぶりだったが、あまり変
わった様子もなく、寝ているみたいだった。

霊柩車でおばあちゃんを運ぶ段になって、付き添いが必要だといわれた。オ
ヤジはクルマを運転しているし、再婚相手には関係ない話だ。当然おいらがひ
つぎに付き添うことになった。

心の中では、最後に見舞いが途切れたことを悪いとは思いつつ、最後に付き
添ってやれることで、おいらは少しは埋め合わせができるような気になってた。
でも、最後に、看護してくれた人が、これを持っていってほしい、といわれた
のを見て、ぐっときた。

おいらのおばあちゃんは虎年生まれで、それが自慢だった。戦前、兵隊さん
に贈る千人針では、虎年生まれの女の人が縫うと喜ばれたそうだ。「虎は千里
を走って帰ってくるから」とかなんとかいう話を随分聞かされた。

最後におばあちゃんは虎のぬいぐるみを大切にしていたそうだ。でも、オレ
はそれを初めてみた。ということは、おいらたちが、見舞いにあまり行かなく
なったあたりから、買ったんじゃないのか。寂しくなったから、ぬいぐるみな
んかを可愛がってまぎらわせていたんじゃないか。そんなこととを思って、ク
ルマの中では、運転手さんに悟られないように声を殺して泣いた。

もし、これを読んでくれた人がいて、じいちゃん、ばあちゃんが入院してい
るようなヤツがいたら、頼むから見舞いに行ってくれ。いい気になってるかも
しれないが、気に障ったら許してくれ。