456 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:04/12/05 16:41:07 ID:D/u0roNT
何年も前だけど、祖母が入院してて、母が看病に通っていた。
自分も学生で暇があったから、ちょくちょくついていっていたんだけど、
その部屋に、ボス患者がいて、横柄だしすごく口うるさい人だった。
同室の人に見舞いがくれば「こっちは具合が悪いのに居座られて迷惑」
夜中にナースコールをした人がいたら「目がさめた!いい迷惑だ」と
大騒ぎしたり、正直もてあまされてたっぽい感じで、家族の人もあまり
来なかったらしい。

でも、いきなりそのおばあさんが静かになった。看護婦さんにも周りの人にも
なにかしてくれたら「ありがとう」、見舞いにった私にも
「○○さんは孫が来てくれていいね。いい子だね」と、学校の話とか
家の犬の話とか、喜んで聞いてくれた。
そして冬のある日、そのおばあさんが「スイカが食べたいね」と言った。
買い物に出るついでだからと、スーパーを回ったけどなかなか売ってない。
やっと見つけた、カットされたスイカ、あまりおいしくなかったかもしれない。
でもそのおばあさん「ああ、おいしいね、美味しいね。ありがとう」と
こっちが恥ずかしくなるくらい喜んでくれた。

それからしばらくして、そのおばあさん個室にうつって、そこで亡くなった。
息子さんが祖母に「スイカ美味しかった、とずっと言ってました。ありがとう
ございます」と言って、引き取っていったそうです。
スイカ見ると、そのおばあさんを思い出す。