160 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:2018/04/23(月) 17:40:15.61 ID:H21WIfPd
二人で浴衣着て夏祭りへ。
お化け屋敷へ入ろうと…
わたしの思惑は「わぁ~こわ~い」って彼氏にしがみつこうと、ところが、強硬に拒否。
うむ?と思った私は、「じゃんけんで負けたら諦めるヮ」。
じゃんけんで勝った私にしぶしぶ従う彼氏。
中へ入った途端、私に腰を曲げてしがみつき、前のアベックの悲鳴に腰抜かす寸前。
お化け係が彼氏のお尻に後ろからタッチ!
「ギャ~ ウヘェ~」
わたしをほって逃げて、前からお化け係が飛び出したので、履いてた下駄でひっくり返り
声にならない叫び声…。
彼を抱えて外へ出よう差し出した私の手にびっくりしたのか、腰を抜かしやがった。
お化け係のお兄さんに助けてもらって外へ。
浴衣の前がはだけ、パンツ丸見えで帯だけになってるし、顔は涙と鼻水でぐしゃぐしゃ。
タクシーを拾って家まで送った。
ごめん!お化け大好きの私にはあなたは無理って、さよならした。