523 名前:キリソレモソ[sage] 投稿日:02/02/07(木) 10:24 ID:snkYrGUS [1/6]
大変長くなりますが宜しくお願いします。

昔、商店街にあった小さなゲーセン(AM)での話。
そこはレコード店を経営するオーナーが持っていた店だった。
そこでの思い出話をする事にします。

当時、親がパチンコに少しはまっていて、日曜になると
私を連れて隣町の商店街のパチンコ屋に通っていた。
で、親がパチンコをやっている間はこづかいを貰ってゲーセンで
時間をつぶしていた。
当時、小学校ではゲーセンに行くのを禁止されていたのだが、
隣町だったのもあってかバレタ事は無かった。
初めてそのAMに行った時には薄暗くてあまり良い雰囲気ではなかったので
表から見るだけでゲームをせず、他の大きなゲーセンに行ってしまった。

続く






524 名前:キリソレモソ[sage] 投稿日:02/02/07(木) 10:25 ID:snkYrGUS [2/6]
中学生になると自転車で色んな所のゲーセンに行くようになった。
その当時、ドルアーガの塔がはやっていてみんな宝物の出し方を
色んな所から収集していた。
私は50階分の出し方は知っていたのだが、あとの10階分が知りたかった。
今のようにネットなどの情報網は無く頼りはベーマガやコンプティークだけだった。
ふいにAMの事が気になって覗いて見るととても人が沢山居た。
中に入ってドルアーガーの塔をやった。
宝物の出し方を書いたノートをテーブルの上においてやっていた。
後ろで待っている人がいたのでコンティニューせず終わった。
待っていたのはAMの店長で私のノートを見せてくれと言われた。
恥ずかしかったが見せる事にした。すると店長が

続く


525 名前:キリソレモソ[sage] 投稿日:02/02/07(木) 10:25 ID:snkYrGUS [3/6]
店長:「きみ、これ凄いね。あとの10階分はどうしたの?」
私:「出し方は知らないんです。」
店長:「あそこにいる子(K)が全部出し方を知っているから教えてもらえばいいよ。」
と言ってKを連れてきて、俺に出し方を教えてあげてと言ってくれた。
Kも私もいきなりの事だったのでびっくりしたのと恥ずかしいので
その日は挨拶をした位だけで出し方を聞かずに終わった。
次の日にAMに行ったがKと会えなかった。
何度かAMに足を運んだが結局Kと会えずじまいになってしまったが、
ほどなくして雑誌に全階の出し方が掲載された。
AMではハイスコアを掲示するようになり、
色んなゲームのスコアが貼り出されるようになった。
ドルアーガの塔に関してはノーミス、1コインなどを貼り出していたが
私にそこまでの腕は無く、10コイン前後でクリアするのが精一杯だった。

続く


526 名前:キリソレモソ[sage] 投稿日:02/02/07(木) 10:26 ID:snkYrGUS [4/6]
貼り出されていたスコアネームを見ると殆ど一人で埋まっていた。
店長に聞くとその人は宝箱の出し方を教えてもらう予定だったKで
年も私と同じという事でとてもびっくりした。
この時から10回ゲーセンに行く内、4,5回はAMに行くようになっていた。
私もドルアーガの塔でスコアネームを載せたいと思ったからだ。
Kと会ってドルアーガ攻略について色んな話をしたかったが、
結局いつも会えずじまいで月日は流れた。
毎回、コンティニューしてでもクリアする様にしていき
2、3コインでクリア出来る位までになってきた。
AMの店長もドルアーガの塔が結構上手く
毎回見るたびにノーミスや1コインクリアをしていた。
この頃になると店長とは殆ど友達のような感じで喋るようになり
店の常連たちとも少しずつ話をする様になってきていた。

続く


527 名前:キリソレモソ[sage] 投稿日:02/02/07(木) 10:26 ID:snkYrGUS [5/6]
ある日、AMでその時が来た。
とても調子が良く、いつも死ぬ所で死ななかったので「これは!」と思った。
途中で死んだものの気が付くと50階を超えていた。
53階で嫌な死に方をしたのだが、何とか乗りきった。
57階くらいから心臓がドキドキしてきて腕が少し震えてきていた。
店長もだまって見守っていたのだが、緊張しているのを見て
「頑張れ!後もう少しだから!」と言ってくれた。
59階でウイザードの呪文を浴びて死んでしまい、次がラストチャンスになった。
もう心臓は破裂寸前の様に高鳴り、口の中が乾いていた。
ウイザードとハイパーナイトを倒しドルアーガとの一騎撃ちになった。
もう無我夢中でドルアーガと戦い、そして勝った。
勝った瞬間に大分気が抜けてしまったが、
まだ終わりじゃないんだと自分に言い聞かせた。
60階に行き感動のエンディングへとプレーは続いていった。

続く


528 名前:キリソレモソ[sage] 投稿日:02/02/07(木) 10:27 ID:snkYrGUS [6/6]
頭の中では色んな事が走馬灯のように思い出されていった。
イシターを迎え、クリスタルロッドを所定の位置に差し
カイとの感動の対面、そしてブルークリスタルロッドを挟んでのエンディング。
スタッフロールが出た瞬間、「やったー!!」と叫んで泣いていた。
店長も「やったな!」と言い一緒に泣いていた。
やっと1コインの所にスコアネームを入れる事が出来た。
暫くしてノーミスの所にも私の名前が入った。
これで一つの目標が達成された。

今でもオールドゲームコーナーなどでドルアーガの塔を見ると
この頃を思い出してジーンと来てしまいます。
今回これで終わりますが、まだまだAMの事や
Kとの事など沢山良い思い出があります。
それはまたの機会にするとしましょう。
最後までお付き合いしてくれてどうもありがとうございます。
乱文、長文スマソ

おしまい