99 :名無しさん@3周年 :03/05/14 18:52 ID:Ky1frWHA
終電逃して、突然彼女の家に行ったら、スエット姿の男がいやがった。
漏れと香具師と両方に「どういうことなんだよ」と責められた彼女は
突如逆切れし「二人とも帰ってよ!もう帰って!」などとわめき散らした。
その迫力に恐れをなした漏れたちは、夜中の2時に二人とも家を出た。
そんで家が同じ横浜だったので、タクシーに同乗した。
「何かバツ悪いよね」「うん」
「女って怖いよな」「そうだね」
「これからどうする?」「俺の方はもう降りるよ。」
なんて香具師と車内でうつろな会話をかわした。
同じ大学だったこともあり、俺は少し香具師に好感を持った。

それからひと月ほど経って、彼女から「忘れられない」という電話が
かかってきた。
香具師ともあれから連絡をとっていないという。

電話の次の日驚かせようと思い、彼女のマンションを突然訪ねた。





スエット姿の香具師がいた…