390 名前:ゲームセンター名無し[sage] 投稿日:02/01/29 21:15 ID:WtMSu5Rq
コナミの六人同時に遊べるX-MENを、曲聴きたさに一人黙々と遊んでいた。
特に曲の好きな二面に差し掛かった辺りで、近所のアメリカンスクールの学生が四人どっと乱入してきた。
空の灰皿には¥50が山積みされ、教科書に載ってないスラングが自分をはさんで飛び交う。
海外では対戦でないゲームでも他人が乱入してくるとか雑誌に書いてあったっけ、
とか思い出しながら、肩身の狭い思いでちまちま遊んでた。
と言うか正直怖かった。台とかガンガンぶったたくし。
やがて残機も尽きて店を出ようと思ったら、隣にいた年長らしき人が引き止めて、
灰皿から俺の為にお金を入れてくれた。ちょっといびつな発音で「ヤレ、ヤレ」だって。
ゲーム続投。一緒に面クリの度台叩いたり、叫んだりしてみる。
そのまま¥400くらいゴチになって、EDまでつきあった。
もう十年前の話か。

メンバーの中に日本語に堪能な奴がいて、この時がきっかけで彼とは今でも細いながらも付き合いがある。
映画版X-MENも一緒に観て来た。次に合えるのは・・・いつかなぁ。