770 :恋人は名無しさん :04/01/17 15:00
ちょっと板違いだけど書いてみる。

一年以上前に別れて、いまは友達として付き合ってる女の子がいるんだけど、
冬休みのある日、その子から「一緒に本を探して欲しい」というメールが来た。
駅前で待ち合わせて二人で大きな本屋をいくつか探したけど、結局本は見つからなかった。

本屋を出た後、軽く食事でもすることになり、飲食店を探す。
ちょうど昼食の時間帯で街はものすごい人だかりだった。飲食店もほとんど満員。
空いている店を探して街を歩く。二人ともあまり店を知らない上に、優柔不断なので
入る店がなかなか決まらない・・・。

ふと、彼女の手が素肌のままで冷たい空気に晒されていることに気付いた。
付き合ってるときなら迷わず手を繋いで歩いていたところだけど、今はできないことだ。
でも手を繋ぎたい。どうしても繋ぎたい。・・・迷った挙げ句に、俺は彼女の手を握った。
そのとき彼女は俺を見上げたが、何も言わなかった。そのまま手を繋いでいてくれた。
]
付き合っているときには気付かなかった、彼女の手の温もりの貴重さ。
ただ手をつないで歩くのってこんなにドキドキすることだったんだ・・・
今更気付いた事実。彼女の手はとても温かいけど、とても悲しかった。

長文失礼。