913 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 2008/12/01(月) 23:36:29 ID:+4vWwvus

幼稚園の頃。

父親が居間で、何か事務仕事をしていた。
私と、同じく幼稚園児の姉は、父親に構わず居間で走り回って遊んでいた。

父、「気が散るからやめなさい!」と怒る。

「気」が何なのかよく分からず、体内にある液体状のエネルギー体か何かだと
咄嗟に思い込んだ私は、小声で姉に尋ねた。

私、「気が全部散って無くなったらどうなるの?」

姉、「死ぬ。」

父が吹いた。