461 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:03/07/25 23:55 ID:CQwCxRWc
以前、うちの事務所に、夕刊を配達に来てくれてる男の子(高校生くらいが)いた。
カウンターに置いて行ってくれるときに、いつもこちらから
「いつもありがとう」 とか、「お疲れ様」 とか、簡単な言葉をかけてた。

今時の男の子らしく、小さく頭を下げるか下げないか良く見ないと判らないくらいの
返礼と言うか、返答しか帰ってこないけど、自己満足でずっと言ってた。

事情で、その事務所を移転する事になり、夕刊の配達も今月かぎりという話をしたときも、
無表情に「そうですか」と言っただけだった。
最後の配達の日、
「今まで、ありがとう。お世話になりました」
と言った所、夕刊を入れてるとばかり思ったカバンの中からスーパーのビニール袋に入った
小さい鉢植えを手渡された。

「毎日、声かけてもらってスゴク嬉しかった。身体に気をつけてください」

と小さい声で言ったあと、逃げるようにして継ぎの配達先に走っていった。
決して、一方通行の挨拶じゃなかったんだなと思って、私もものすごく少し嬉しかった。

その花は夏が来ると今も元気に咲いていて、今年も、蕾がいっぱい付いてて、綺麗に咲きそうな予感。
それを見るたび、
「あの男の子も、元気にしてるといいな」
と思う。