113:名無しさん@九周年
男「飯食わせろ」
婆「飯はない」
男「じゃあ、金は」
婆「ほれ、1万円じゃ」
男「ちっ!金はあるのに飯はねえのかよ!」
婆「足が悪くてねえ…台所に立てないんだよ」
男「…ちょっと待ってろ!」
婆「…?」
(数十分後)
男「おい!台所借りるぞ!」
婆「構わないけど…おやまあそんなにたくさん…」
男「俺の家には台所がねえんだ!借りるからな!」
(数十分後)
婆「おやまあすごい量だね」
男「ちょっと作りすぎちまったんだよ!もったいねえからばあさんも食え!」
婆「え、でも」
男「ごちゃごちゃ抜かすな!殺されてえのか!」
婆「じゃあ遠慮なくいただくよ…もぐもぐ」
男「…どうだ?」
婆「東京で料理人してる息子が
よく作ってくれた卵焼きの味にそっくりだよ…懐かしい味だよ…」
男「ばあさん…」
山岡「やれやれ、こんな卵焼きを美味しいと言ってるようじゃ
息子もたかがしれてるようなもんだ」